image
先日、鈴華窯に行った時、一際目を引いたうつわです。
粉引の白さの鮮やかさと可愛らしいデザイン。
鈴木君はマッコリ茶碗とか湯呑みにと作ったみたいです。

僕が一番魅せられたのは粉引の白さ。
image
右のうつわより左のうつわの方が白い事がわかりますか?
image
image
右側に比べ左のうつわ真っ白でしょ。

これはうわ薬の成分が微妙に変わってしまった為に起こったものらしいです。
うわ薬は天然の素材を使用するのでいつでも全く同じものが入手できるとは限らないのです。
予告なく細かい変更は仕方なくあるみたいなんです。
もちろん色味は好みなので右のうつわが失敗というものではないのですが。

最近この白さが出るうわ薬を見つけてテストを重ねて出来上がったのが左側のうつわです。

天然の素材を使って手作業で作るうつわですから、微妙な色味を自在に操るなんてことはめちゃくちゃ難しい事。
なので鈴華窯の陶芸家 鈴木智尋も日々研究を重ねて、より満足できるものを作ろうとしています。